2005/08/25

本と私 その3

中学のときかな、「新潮文庫の100冊」で宮部みゆきの『レベル7』に出会った。分厚いんだけど、ストーリーのつなげ方が鮮やかで、引き込まれながら読んだ。彼女の描写とか、話のつなげ方が、私はすごく好き。それからずっと宮部さんの作品は読んでいる。私にとっては、ハズレが少ない作家さん。歌手にしてもそうだけど、ハズレが少ないってことは、波長が合うんだろうなって思う。

宮部作品で今のところ一番好きなのは、『クロスファイア』です。「あたしは装填された銃だ」かっこいいー!ドキッとするよねー。なんか悲壮な覚悟のようなものも感じられるセリフ。宮部さんの作品には社会へのメッセージのようなものも多く感じる。結構ラストが悲しかったりするんだけどね、つい読んじゃう。『クロスファイア』は、正義が主なテーマだったように思う。悪を一般人が裁く、ということについてですね。
私は超能力もの、好きだな。恩田陸の『光の帝国』もガンガン読んじゃったし。

北村薫も好きです。「時と人三部作」の『スキップ』『ターン』『リセット』好きですー。私、時空ものが結構好きみたい。『リセット』が一番好きかな。運命ってモノを考えずにはいられない。北村さん、男の人なのに、女性の心の中を描くのが上手い。ついでに、リサーチがすごいと言うか、戦時中に生きていたかのような調べっぷりがすごいです。獅子座流星群が絡んでいるのも、この作品が好きな理由の一つかも。

偶然にも、北村さんも宮部さんも、どうやら活動範囲が私に近いらしいのです。なんか知っている場所が作品中に出て来ます。それも親近感を呼ぶのかもね。


ひとまず、本との付き合いについては、おわり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/24

本と私 その2

『クレヨン王国』といえば、6年の時に読書感想文を書いたな。友情とかについて語ったのだが、さすがにクラス代表には選んでもらえなかった^^;課題図書読めよ、自分!1回も課題図書読んだ事ないや…。そういえば私、文を書くのが好きとか言っておきながら、6年間で一度も選ばれた事なかったわ。ただの作文は今読んでも面白く書けている…と自分では思う…(自信なし)。今度ここに載せてみようかな(半分本気、半分冗談)。読書感想文って、どうもあらすじばかり書きたくなってしまうんだよね。先生読んだ事ないだろうし…と思って、つい、優しさからですね…って、言い訳か^^;とにかく私は、エッセイみたいな方が書きやすいな。

あと、杉みき子。今はどうか分からないけれど、中学受験にはおなじみの作家さんだったように思う。問題文で初めて読んだんだったな。記憶に残るのは、雪道を歩いて家に辿り着くっていうような話。たしか、主人公のおじいさんのアドバイスが心にうおーっと来るんですよ(意味不明?)。うまく言葉にできないな、この気持ち…。吹雪の中を歩くんだけど、「まっすぐ前を見据えろ」っていうようなアドバイスを思い出して、前を向くんだよね。そうすると、吹雪に打ち克つと言うか、濁流を分かつ杭のように強くなれた…というような話だったような。何と言ってもいいと思ったのが、家に辿り着いた時に、明かりが温かくて、母親が待っているところ。これを読んだの、塾の夏休み合宿だったんです。親元を離れて毎日一日中勉強ばかりして疲れていて、そんな時にこの文章を読んで、「家に帰るって、いいよなー」って思ったのだ。困難や試練に克つところ、温かい家の光…全てが自分に共鳴したのだろう。
彼女の作品で、山を越えるだか坂を下るだかして海を見に行くお話も好きだったんだけど、記憶が薄れている…。今度市立図書館にでも行って探してみよう。

他には、鰹節の話。もう、知らない人には「はぁ?」って感じですね。すみません。記憶が定かではなくて、書名も作者も分かりません。これは、受験前に塾の先生が「やりたい人はやってみて。丸付けしてあげる」と言って、私はやったんですね。そしたら、どこかの入試でこの文章が出た。問題は違うけれど、文章は知っているから、落ち着いて解けた。「すごーい!ラッキー!」と思ったので、よく覚えてる。乾物屋の一家のお話で、鰹節を作る描写がよかったように記憶している。


どうでもよい話だけど、まだつづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005/08/23

本と私

今日は趣味の一つ、読書について触れようと思う。
本は、小さいときから読むのが好きだった気がする。

幼稚園でもらうお話の本、結構好きだったかもしれない。親も絵本とか買ってくれたなぁ。


記憶があるのは、小学校からかな。そういえば移動図書館が来ていて(学校にも図書室あるんだけどな、なんか不思議)。学校の影響って凄く大きかったように思う。確か、1人1冊は借りる事になっていたんじゃないかな。係で皆の本を返しにいったのも覚えてる。だから、低学年のうちから本は読んでいた。借りた記憶があるのは、『星になったチロ』っていう本。天文台のイヌのお話。その頃から星に興味があったんだよなぁ。
図書室で星座の神話を読んだ覚えもある…。

宮沢賢治も読んだ。図工で『注文の多い料理店』の絵を描いたのがきっかけじゃないかな。なぜかウチに『よだかの星』の絵本があったし(挿し絵がすごく綺麗。今読むと結構考えさせられるお話だと思う)、星や宇宙に関係するお話もあったから、何冊か本を買ったなぁ。

あと、『ああ無情』。レ・ミゼラブルです。これは、読書感想文で何読めばいいか分からないって時に、母親が「これ読みなさいよ、いい話だから」って言って、半ば強制的に読まされた。今読むと、時代背景とかも学んで、心理状態も分かって読めるから、深いお話。名作です。

何と言ってもハマったのが、『クレヨン王国』シリーズ。今も本棚の奥に30冊ほど眠っています^^; そういえば、『こまったさん』シリーズは読んだ事ないんだよね、私。きっかけは、クラスの男の子が読んでいて、「ふぅーん」って思った事かな。彼、病弱だったけれど、今どうしているだろうか。で、図書室に行って借りてみたら、面白かったの。それからは、どっぷりクレヨン王国のファンタジーに浸かっていた。中学生くらいまでね^^;本当はもっと読んでいたかったけど、買うのに恥ずかしい年齢だと勝手に判断して、読まなくなっちゃった。今考えると、ヘンな話だ。

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)