« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019/01/14

冬の京都旅。

6〜7日に、母と京都に行ってきました。

京都駅まで新幹線で行って、ちょうどお昼時だったので、駅のご飯屋さんでご飯。早速いろんなお漬物を堪能♪
そして、宿に荷物を預けてから散策することに。
(ちなみに、新幹線降りたところにあるマップ(ゾーンごとにA4 1枚になっているもの)とか、駅の観光案内所にあるガイド誌とか、紙ベースの地図ももらっておくと、把握しやすくて便利だと思いました。スマホはスマホで便利なんだけど、全体を広く見たいときとか、私は紙の方が楽でした。)

移動中、天気予報では降水確率低かったのに、雨が降り出した。
二人とも、まあまあの雨女だったわ…
でも、雲の流れが早くて天気雨みたいな感じで、景色が明るいのにザーザー降ってて何だか不思議な光景だった。
気持ちは爽快だったな。

Dsc05219それで、傘を持ちつつ源光庵へ。
足元の石畳、いい感じですね。
雨に濡れてしっとりと。(石マニア感

それで、建物の中を見させていただきました。
三脚一脚はダメだけど撮影しても良いとのことで、手持ちで撮らせていただきました。

Dsc05222Dsc05223Dsc05227お庭には苔も生えていて、いい感じです。
南天?のような赤やオレンジの実の植物が鮮やかで、目を引きました。
紅葉の季節は過ぎてるし雪もないけど、常緑の葉が彩りになっているし、葉が落ちてるおかげで見通しが良く、後ろの山の借景が効いている^^
だだっ広くなくて、こういうお庭好きです。


Dsc05226Dsc05229Dsc05234ここは、「迷いの窓」(四角)と「悟りの窓」(丸)が有名で、紅葉の時期の景色が「そうだ京都、行こう」のポスターになったところなのですが、紅葉は全くないので^^;
でも、さざんかかな?白いお花が咲いていて、きちんと額縁のようになっていて画になってました。
私、光が外の木々に当たって畳がボワっと明るくなってるのを見るのが好きだ(笑)。

Dsc05224この窓は、特に名前も付いてないようだけど、このデザインも素敵。
こちらから見えるお庭も好きだ。

で、知らずに行ってしまったのですが、ここの本堂の天井が血天井と言って、伏見城で徳川家康の家臣たちが自害したそうで、その痕(血の付いた足跡や手形)の残った床板を供養のためにここの天井に移してきたという云われで、説明文読んで見上げて、なんとも言えない気持ちになりました。撮る気は起きなかったですね…。
何百年も前の歴史がこんな目の前にあるんだな、自分たちは観光で平和に京都を歩いているけど、人間同士でそういう戦いがあったんだなと。
それにしてもこういう保存の発想、なかなかない気がしますが、他にもあったりするんでしょうか。

Dsc05239Dsc05241Dsc05237そんな気分で外に出てきて、気持ちを明るくしてくれたのが、植物たちで。
お寺の方が育てるのがお好きなんだろうと思うんだけど、花や苔が可愛らしくて癒された^^


Dsc05242Dsc05243この近くに「御土居」という史跡があって、豊臣秀吉が築いた土塁の一部が残っているというので見学させてもらった。
人家がある中にいきなりこういうのが馴染んで存在しているから不思議。
個人的には、石が超おしゃれに積まれているところが気に入った。
いつ誰がやったか分からないけど、デザインセンスいいよねぇ…。


そして、その後、バスがちょうど良いのがなくて、タクシーで金閣寺へ移動。
金閣寺とか、中学の修学旅行で行ったと思うけど、ほぼ記憶がないので^^;行ってみることにした。
Dsc05251Dsc05248Dsc05249



入場前の景色、見覚えがないなぁ^^;
道幅も広くてとても素敵なアプローチになっていて、左側は苔蒸した木立に西日が差して、印象的だった。

金閣寺は参拝者が国際色豊かだった。結構アジア系多い感じだった。
拝観料を払うといただけるのがチケットではなくてお札で、へぇって思った。持って帰れない人用に回収箱まであった。
それで中に進んでいくと、早速あの金色の建物の正面へ。写真撮る人もたくさん。
Dsc05255Dsc05264はじめ、左側の写真を撮って「わー、思ってたより金色がやっぱり綺麗だなぁ。すごいなぁ」って思ってたのですが、途中で雲の合間から太陽が出てきたら右側の写真のように輝き、金色が濃くなって、ラッキーでした。
鳳凰も建物も西の方を向いている感じだと思うので、午後の方が順光になって綺麗なのかな。

Dsc05276Dsc05272金閣と池の周りを沿うように歩いた後、境内を順路通りに歩くのですが、完全に初めて見た気がしました^^;
小高くなっていて金閣が望めたり、足利義満がお茶に使ったという泉があったりと、意外といろいろなスポットがありました。
一文字写経というのがあったので体験してみたり。


そして、金閣寺からちょうどバスがあったので、龍安寺へ。
閉門まで30分くらいだったので少し慌てましたが、見たいところはしっかり見られました♪
Dsc05279Dsc05285Dsc05286



拝観料を払って敷地に入るとすぐに池があるのだけど、白鳥が一羽だけいて、カモたちと泳いでいて、私はテンションが上がって白鳥を激写していた(ちょっとピンボケ)。
そして、受付をして建物の中に入り、石庭の見える方丈へ。
襖や白い壁、いい色になった木の柱。
この、年月を経ないと出ない雰囲気がいいなぁ。

Dsc05283Dsc05291そして、石庭。
しばしそこで眺めてみました。何百年も前の人と同じような景色を眺めているのかなぁ。
寒いのですが、塀の向こう側には日が沈む空の色がほのかに見えて、そこでしか感じられないキリリとした空気を感じることができました。
別の季節にも来てみたい。敷地内の湯豆腐のお店も気になったし。

帰りもバスに乗ったんだけど、途中のバス停での乗り換えに失敗し、バス停近くのカフェに入って、温かい紅茶で命拾い(そのまま外にいたら凍えてしまう)。
なんとか宿まで帰ってきて、夕飯は京都らしい蕪や大根を使った優しいお味の和食をいただいて、就寝。


2日目は、京都駅まで荷物を持って行ってコインロッカーに預けてから観光することに。
市営バスは、道幅に合わせてか幅が狭いので座席も狭めで、旅行客のキャリーバッグとかを持ち込める感じではないですね^^;
自分たちはなんとかギリギリな感じで乗れましたが、地元の方が使ってらっしゃるし、あまり大きな荷物は持ち込めないなと。
北大路バスターミナルというところに着いて、そこから地下鉄烏丸線に乗って京都駅に行きました。
さすがに京都駅はコインロッカーが豊富ですね。でもハイシーズンは埋まっちゃうのかな?

そして、来た道を若干戻りますが、また地下鉄に乗って、東山駅まで行って、八坂神社へお参りしました。
Dsc05295途中、川があって、キラキラ水面が綺麗でした。
この橋、渡ってみたい衝動に駆られましたが、落ちたら恥ずかしいし、渡っていいかも分からなかったので止めました(>_<)
あと、通り道の青蓮院や知恩院も興味あったのですが時間がなく断念。

八坂神社はさすがに人が多かったです。美肌とか縁結びとか、いろいろなお社がありました。
おみくじ引いたら凶で、がーんって感じでしたが、去年の西新井大師の凶の方が強烈な事書いてあったし、大丈夫です!そういえばまだ本厄だったなぁ。関係あるかわからないけど。
まぁ、おみくじ結んできたし、引き続きおごらず焦らず、謙虚に過ごしたいと思いました。

その後、京都駅行きの急行バスにも乗れて、京都駅でお土産と駅弁を買って帰ってきました。
お土産は、聖護院八つ橋、「こたべ(小さい箱のおたべ)」、大根の漬物、湯葉山椒などにしました。


1泊2日、行きたいところをコンパクトに回れたかなぁと思います。
癒されたし、いろんな体験ができたなぁ。
まだまだ見所はたくさんあるので、また機会があったら行きたいです。

| | コメント (2)

2019/01/01

2019年、あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします^^

2019akane今年も羊毛でイノシシさんを作ってみました。
イノシシっぽいかどうかはさておき…牙も作ったしイノシシなのです!
(結構イノシシ難しい)
そして、いつも通り写真は奇跡の一枚を採用

昨年は、4年いた部署から異動になり、新たな分野の知識を学ばないといけなかったり、慣れないことも多くて苦労したり、時間に追われて辛いなぁと思った時もありました。
でも、同僚や上司に助けてもらってなんとかできたなぁと思います。てか周りの人マジでみんないい人

今年は4月から2周目になるし、後輩がたくさんいるので、もっとしっかりしたいなぁと思います♪

プライベートでは、昨年に続き、鞄作りとピアノの習い事を楽しみました〜^^
まだまだ作りたい鞄はたくさんあるので、今年も作りますよ♪
形で表現する作業って楽しいなぁ。

ピアノは発表会が無事に終わりました。
相変わらず緊張したし失敗もしたけど、いい音出せたかな、って気持ちの良い瞬間もあり。
今年もストレス解消しつつ新しい曲との出会いを楽しみたいと思います。

音楽といえば、昨年コンサートでハープの音色を聴く機会が多くて、レコ大でもハープ素敵だなと思ったので、ちょっとハープを習えたりしないかなという気持ちがフツフツと出てきました。

あとは、Aimer(エメ)ちゃんのライブにたくさん行けたなぁ。
2月のhiverツアー、6月のARIA STRINGS、8月のファンクラブツアーété、11月のsoleil et pluieツアー。
あ、年に4回も行ってる(笑)
生歌に触れられて、それぞれの感動があって幸せだったなぁ。
今年もチケット取れる限り行ってしまうし記事も書いてしまうと思うので、皆様ご容赦くださいm(_ _)m

後は、お出かけも含めて、旅したいなぁ。まだ行ったことのないところで風景や花の写真を撮りたい。


そうそう、実は婚活をひっそり始めてみたのです。
何人か会ってみたのですが、それは結局ご縁がつながらず(>_<)
まぁまたがんばってみます。


ココログでは、昨年もポチキラやいいね、ありがとうございました。
お返しするのが遅くてゴメンなさい。
これからも細く長く続けていくので、今年もお付き合いいただけたら嬉しいです。

それでは、今年も皆様に幸せがたくさん訪れますように

| | コメント (2)

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »