2011/12/24

☆降る理由

長く暗いトンネルを抜けると

雪がちらつき始めた


前の席の子どもが

「誕生日だからかな」と両親に聞いた


誰かの記念日だから 雪が降る

そんなわけないのだけど

時には小さな祝福を

信じてみたい

| | コメント (2)

2011/12/18

★橙

朝の武蔵野線に揺られている


卵の黄身のような橙色が

野原に沈んだ靄を染める


日が昇る

この世界で当たり前のこと

それが眩しくて嬉しい

温かくて切ない


数多の凍てついた世界が

橙に融けるとき

あたしは生きていることを知る

| | コメント (0)

☆菊

四方八方から押し寄せる波 波 波


心を目指して

なだれ込む花びらよ


どうかこの祈りを

すくい上げてください

| | コメント (0)

2011/11/06

★さんざし

尾長がさんざしの枝を移っていく


この世には どれだけ願っても

叶う事なんてない

壊れない物なんかない


それならば

運命なんて信じない

永遠なんか要らない


永遠など 一瞬

在るのは 今と思い出だけ

それで十分


尾長が赤い実をひとつ摘んだ


たったひとつの恋を あなたに

燃えるような今を あなたに

| | コメント (0)

2011/10/10

☆あなた無しじゃ

手のひらが寒いよ


心でつながっているって

分かってはいるけど


一度手をつないでしまったら

その温かさに触れてしまったら


やっぱり寂しいよ

あなた無しじゃ

| | コメント (0)

★ポタージュ

北風にさらされて

冷えきったあなたの手に

作りたての温もりを渡したくて

あったかくして待ってるよ

| | コメント (0)

☆毛布

ふと目を覚ますと

知らぬ間に

あたしの毛布にくるまっているキミ

返して欲しいけど まあいいか

風邪ひかれても困るし

きちんと掛け直してあげよう

| | コメント (0)

2011/09/11

★せい

憎たらしいのに

憎めない

あなたは不思議なひと


気になって

構わずにいられないのは

わたしのせいじゃない


あなたのせいよ みんな

| | コメント (0)

2011/06/11

☆月光浴

なぜだか寂しくて

なんだか切ない 帰り道

これでよかったのかなって

立ち止まってしまう


そんな夜に限って

いつも月が見える


大丈夫だよ

なんとかなるよ

頑張れよって

背中を押してくれた あなたみたいに

| | コメント (2)

★Tiara

町の駄菓子屋
おもちゃの指輪
数百円の小遣いで
キミは誕生日の贈り物をくれた

小さな公園
タンポポの花冠
どこにでもある雑草で
キミは精一杯の贈り物をくれた


なぜいま
昔のことなんかが
懐かしいのだろう


鐘の音が
青空を揺らす


わたしはいま
銀の指輪とティアラを身につけ
契りを交わす

| | コメント (0)

より以前の記事一覧