2005/12/23

☆今年

今年は どんな年でしたか


痛ましい事故とか 悲しい事件

大きな災害とか ひどい嘘


新しいニュースに押し出されて 見えなくなって

忘れ去られてしまうけれど

思い起こさなければいけないこと


新しい年がやってきても 置いていってはいけないもの

たくさんあるから

できるだけ両腕で抱えて 持っていこう


そうした方が いい年になるね きっと

来年は もっとよい年になりますように

| | コメント (4) | トラックバック (0)

★矛と盾

矛盾していると決めつけないでね

無理だと思っても もっとよく見つめて

見方しだいで 矛盾しなくなるから


どんな物事だって

危うい均衡を保ちながら

ここにあるの


字面通りに受けないで

行間だけを読まないで

矛盾していると言わないでね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/17

☆一歩

誰よりも明るく 輝いてみせるよ

そう残して あなたは星になった


誰もが家の中へと逃げ込む 冷たい夜

満月の明かりに追われて 残った星はわずか


そんなとき あなたは来てくれた

ゆっくり 白く輝いて


あなたは 私の瞳の中で

ぱっと燃えて 空へと戻った


長い長い時間だった

たとえそれが 秒針の一歩に過ぎなくても

私には永遠だった

忘れないよ あなたが私の瞳を照らしたこと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/14

★ダイヤモンドダスト

空が銀色の布を織って

大地の背中に そっと掛けた

周りの木々は 氷のストールをまとっている


目の前はどこまでも真っ白で 遮るものは何もない

しんとして張りつめた空気に 体が震える


きらきら

ガラスの欠片が光る


暖色の光の中で 虹色に翻る結晶


ひらひら

ガラスは降りやまない


ああ 長い夜が眠りについたのだ

やっと 朝がきたのだ


わたしは眩しさに目を細めて

長い眠りから覚めた


うつくしいものに出会うために

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/13

☆氷

ずっと透明なままの私を

誰が見つけてくれるの?


ずっと凍ったままの私を

誰が助けに来てくれるの?


声に出しているのに

何故 誰も気づいてくれない?

私はいつか跡形も無く 消えてしまうのに


誰か 気づいてください

誰の記憶の中にも私がいないのが

怖い

ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー☆ーーーーー

容疑者の印象を尋ねる同級生へのインタビューをテレビで見て、怖くなった。
明るいでも暗いでもなく、存在が薄い…。
誰にも覚えていてもらえないより、暗い方がマシかも。

こわいな〜。小学校の時の友達とか、あたしの事覚えてるかな…。
と、成人式を控えて不安になった^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/11

★冬の宝石


息の白く光る今夜

見上げれば透き通った暗闇が広がっている


地上でわたしたちだけが起きているかのような

不思議な静けさを感じている


色とりどりの星たちが浮き上がらせる六角形は

冬のダイヤモンド


どんなに大きな石も どんなに輝く石も

この空の宝石には かなわないよnobeyama0411071web


高価な指輪なんていらない

あなたが隣にいて 共に星空を見上げてくれるのなら

ーーーーー★ーーーーー★ーーーーー★ーーーーー

写真は2004年11月7日に長野県の野辺山で撮影した星景写真です。
冬のダイヤモンド、写ってますよ★
星が多すぎて分かりにくいかもしれないけれど^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/09

☆トリプルセブン

加速してゆく時計に追いかけられて 走り回って

気がつけば もう7日経っている

ぐるりと一周 一週間


どんなに息苦しくなっても

自分を置き忘れて来ないでね

7つ数えたら 迎えに戻るの


そうして心に貯めてゆく ラッキーナンバー

明日こそ当てるのさ 運命のスロット

トリプルセブン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2005/12/06

★クロス

雲の十字架が 空に浮かんだ 冬の夕焼け

あたしは その雲に祈った

どうか 上手くいきますように

進路が開けますようにと


押しつぶされそうな心

なのに チャンスは一回きりで

世の中の仕組みは 時に想像を超えて残酷


きっと大丈夫だって

おまじないのように繰り返して


赤く染まった十字雲が 空に混じってゆく

あたしは その雲に祈った

どうか 答えを間違えていませんように

あなたの人生と交差できますようにと

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005/12/03

☆ゆきんこ

僕らはゆきんこ

風が白くなると 皆で手をつないで降りていって

人間の子どもたちと遊ぶんだ

長靴で踏まれても 丸めて投げられても 怒らないよ

これが僕らのお仕事だもの


今日も寒いね そろそろ出番かな

朝起きたら 窓の外を見てごらん

僕らが窓枠の上にほおづえついて 待ってるから

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005/12/01

★ふわふわ

あったかい ふわふわのクッションを見つけたよ

なんか 細長いものが出てる

ひっぱると どんどん出てくるよ

おもしろいなぁ

ねぇ ご主人さまも 遊ぼうよぉ


……あれ? なんでそんなに固まってるの?


「せっかく編んだマフラーが糸に戻ってる!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧