☆akaneからのお知らせ☆

2011/12/18
マイペースに更新中です^^(記事とか写真とか)

ーーー↓過去の記録↓ーーー
2008/3月
ブックカバープレゼント企画。
抽選の結果、takusukeさんが当選しました。
ご応募、ありがとうございました^^

2007/9月
アクセスカウンタ7000番をゲットされたtakusukeさんに、プチはてるま2号(マスコット)をプレゼントしました。

| | コメント (16)

2019/02/03

今年も厄除け(後厄)。

Aimerさんのツアーが全部終了したので、今日は以前書いた記事に曲の感想などを追記しました♪
(思いが大きくて、結構文章が増量^^;)
Aimerのホールツアー「soleil et pluie」の感想。(埼玉公演)※詳細追記


さて、この前、西新井大師に厄除けに行ってきました。

今回は後厄です。
「一年間、いろんなことがあったり仕事が忙しかったりする中、お陰様でそれなりに元気にやってこられたなぁ。家族も元気だったなぁ。」と、感謝の気持ちも込めて。

朝の初回に行ったのですが、受付のところで意外に人がいてびっくり。
前回のお札を納めて、お参りして、おみくじを引いてみる。
一昨年(前厄)に珍しく凶を引き、昨年(本厄)は信じられないほどの凶(文面をここに書くのもなんだか怖いので書けない)を引いた、そのおみくじ。
それのおかげで無茶しなかったのだと思うので感謝しているのですが、ずっと頭の片隅にありました。

今回は「末小吉」。後厄らしく上向いて、ホッとしました。内容も大丈夫でした。去年と違って、ちょっと待てば色々出てくるらしい(去年は「出ない」「来ない」みたいな感じ)。
必要以上に信じすぎないようにしようとは思うのですが、ドキッとするおみくじなので、今年もおごらず頑張ろうと思います。

その後、本堂で祈祷を受けました。老若男女で本堂の中はいっぱいです。
寒いので、防寒必須。足も痺れるので、待っている間は体育座りしたり正座を崩したりして。
祈祷が始まると、天井近くまで形を無限に変えながら燃え盛る護摩の炎に、気が引き締まった。

お札を受け取りに移動する時、3回目にして、本堂の裏側にお不動様が祀られていることに気がつきました。
ここでちゃんと裏側を守っているのかな。

そして、境内を散策。
Dsc_0851風の冷たい日だったんだけど、鯉のいる池の辺りはなんだか光がいっぱいで、小春日和のように穏やかな感じがした。
本堂前の寒桜は、まだ咲き始めで、周りで見ている人もいなくて、こっそり一足先に春を見つけた気分。
満開になったら綺麗だろうなぁ。

帰り道、門前の草団子の中田屋さんのところに、建築計画の張り紙があるのに気づく。
今度建て替えになっちゃうのですね。
Dsc_0852建物のところどころに歴史のある木の感じがあったので、寂しいけれど、木造で長年経っていると建て替えも仕方ないのだろう。
この、名前がわからないのだけど、屋根の辺りの木札が、江戸の味が出ていて素敵だと思って、屋根瓦も凝っていたので、こういうのがもし無くなって現代的な外観になってしまうとしたら、残念な気がした。
通りがかりの部外者の一感想ですが…。


そんなこんなで無事に厄除けと家内安全のお祈りもしてきたので、今年も謙虚に、でも頑張るところは頑張っていきたいと思います♪

| | コメント (2)

2019/01/14

冬の京都旅。

6〜7日に、母と京都に行ってきました。

京都駅まで新幹線で行って、ちょうどお昼時だったので、駅のご飯屋さんでご飯。早速いろんなお漬物を堪能♪
そして、宿に荷物を預けてから散策することに。
(ちなみに、新幹線降りたところにあるマップ(ゾーンごとにA4 1枚になっているもの)とか、駅の観光案内所にあるガイド誌とか、紙ベースの地図ももらっておくと、把握しやすくて便利だと思いました。スマホはスマホで便利なんだけど、全体を広く見たいときとか、私は紙の方が楽でした。)

移動中、天気予報では降水確率低かったのに、雨が降り出した。
二人とも、まあまあの雨女だったわ…coldsweats01
でも、雲の流れが早くて天気雨みたいな感じで、景色が明るいのにザーザー降ってて何だか不思議な光景だった。
気持ちは爽快だったな。

Dsc05219それで、傘を持ちつつ源光庵へ。
足元の石畳、いい感じですね。
雨に濡れてしっとりと。(石マニア感catface

それで、建物の中を見させていただきました。
三脚一脚はダメだけど撮影しても良いとのことで、手持ちで撮らせていただきました。

Dsc05222Dsc05223Dsc05227お庭には苔も生えていて、いい感じです。
南天?のような赤やオレンジの実の植物が鮮やかで、目を引きました。
紅葉の季節は過ぎてるし雪もないけど、常緑の葉が彩りになっているし、葉が落ちてるおかげで見通しが良く、後ろの山の借景が効いている^^
だだっ広くなくて、こういうお庭好きです。


Dsc05226Dsc05229Dsc05234ここは、「迷いの窓」(四角)と「悟りの窓」(丸)が有名で、紅葉の時期の景色が「そうだ京都、行こう」のポスターになったところなのですが、紅葉は全くないので^^;
でも、さざんかかな?白いお花が咲いていて、きちんと額縁のようになっていて画になってました。
私、光が外の木々に当たって畳がボワっと明るくなってるのを見るのが好きだ(笑)。

Dsc05224この窓は、特に名前も付いてないようだけど、このデザインも素敵。
こちらから見えるお庭も好きだ。

で、知らずに行ってしまったのですが、ここの本堂の天井が血天井と言って、伏見城で徳川家康の家臣たちが自害したそうで、その痕(血の付いた足跡や手形)の残った床板を供養のためにここの天井に移してきたという云われで、説明文読んで見上げて、なんとも言えない気持ちになりました。撮る気は起きなかったですね…。
何百年も前の歴史がこんな目の前にあるんだな、自分たちは観光で平和に京都を歩いているけど、人間同士でそういう戦いがあったんだなと。
それにしてもこういう保存の発想、なかなかない気がしますが、他にもあったりするんでしょうか。

Dsc05239Dsc05241Dsc05237そんな気分で外に出てきて、気持ちを明るくしてくれたのが、植物たちで。
お寺の方が育てるのがお好きなんだろうと思うんだけど、花や苔が可愛らしくて癒された^^


Dsc05242Dsc05243この近くに「御土居」という史跡があって、豊臣秀吉が築いた土塁の一部が残っているというので見学させてもらった。
人家がある中にいきなりこういうのが馴染んで存在しているから不思議。
個人的には、石が超おしゃれに積まれているところが気に入った。
いつ誰がやったか分からないけど、デザインセンスいいよねぇ…。


そして、その後、バスがちょうど良いのがなくて、タクシーで金閣寺へ移動。
金閣寺とか、中学の修学旅行で行ったと思うけど、ほぼ記憶がないので^^;行ってみることにした。
Dsc05251Dsc05248Dsc05249



入場前の景色、見覚えがないなぁ^^;
道幅も広くてとても素敵なアプローチになっていて、左側は苔蒸した木立に西日が差して、印象的だった。

金閣寺は参拝者が国際色豊かだった。結構アジア系多い感じだった。
拝観料を払うといただけるのがチケットではなくてお札で、へぇって思った。持って帰れない人用に回収箱まであった。
それで中に進んでいくと、早速あの金色の建物の正面へ。写真撮る人もたくさん。
Dsc05255Dsc05264はじめ、左側の写真を撮って「わー、思ってたより金色がやっぱり綺麗だなぁ。すごいなぁ」って思ってたのですが、途中で雲の合間から太陽が出てきたら右側の写真のように輝き、金色が濃くなって、ラッキーでした。
鳳凰も建物も西の方を向いている感じだと思うので、午後の方が順光になって綺麗なのかな。

Dsc05276Dsc05272金閣と池の周りを沿うように歩いた後、境内を順路通りに歩くのですが、完全に初めて見た気がしました^^;
小高くなっていて金閣が望めたり、足利義満がお茶に使ったという泉があったりと、意外といろいろなスポットがありました。
一文字写経というのがあったので体験してみたり。


そして、金閣寺からちょうどバスがあったので、龍安寺へ。
閉門まで30分くらいだったので少し慌てましたが、見たいところはしっかり見られました♪
Dsc05279Dsc05285Dsc05286



拝観料を払って敷地に入るとすぐに池があるのだけど、白鳥が一羽だけいて、カモたちと泳いでいて、私はテンションが上がって白鳥を激写していた(ちょっとピンボケ)。
そして、受付をして建物の中に入り、石庭の見える方丈へ。
襖や白い壁、いい色になった木の柱。
この、年月を経ないと出ない雰囲気がいいなぁ。

Dsc05283Dsc05291そして、石庭。
しばしそこで眺めてみました。何百年も前の人と同じような景色を眺めているのかなぁ。
寒いのですが、塀の向こう側には日が沈む空の色がほのかに見えて、そこでしか感じられないキリリとした空気を感じることができました。
別の季節にも来てみたい。敷地内の湯豆腐のお店も気になったし。

帰りもバスに乗ったんだけど、途中のバス停での乗り換えに失敗し、バス停近くのカフェに入って、温かい紅茶で命拾い(そのまま外にいたら凍えてしまうpenguin)。
なんとか宿まで帰ってきて、夕飯は京都らしい蕪や大根を使った優しいお味の和食をいただいて、就寝。


2日目は、京都駅まで荷物を持って行ってコインロッカーに預けてから観光することに。
市営バスは、道幅に合わせてか幅が狭いので座席も狭めで、旅行客のキャリーバッグとかを持ち込める感じではないですね^^;
自分たちはなんとかギリギリな感じで乗れましたが、地元の方が使ってらっしゃるし、あまり大きな荷物は持ち込めないなと。
北大路バスターミナルというところに着いて、そこから地下鉄烏丸線に乗って京都駅に行きました。
さすがに京都駅はコインロッカーが豊富ですね。でもハイシーズンは埋まっちゃうのかな?

そして、来た道を若干戻りますが、また地下鉄に乗って、東山駅まで行って、八坂神社へお参りしました。
Dsc05295途中、川があって、キラキラ水面が綺麗でした。
この橋、渡ってみたい衝動に駆られましたが、落ちたら恥ずかしいし、渡っていいかも分からなかったので止めました(>_<)
あと、通り道の青蓮院や知恩院も興味あったのですが時間がなく断念。

八坂神社はさすがに人が多かったです。美肌とか縁結びとか、いろいろなお社がありました。
おみくじ引いたら凶で、がーんshockって感じでしたが、去年の西新井大師の凶の方が強烈な事書いてあったし、大丈夫です!そういえばまだ本厄だったなぁ。関係あるかわからないけど。
まぁ、おみくじ結んできたし、引き続きおごらず焦らず、謙虚に過ごしたいと思いました。

その後、京都駅行きの急行バスにも乗れて、京都駅でお土産と駅弁を買って帰ってきました。
お土産は、聖護院八つ橋、「こたべ(小さい箱のおたべ)」、大根の漬物、湯葉山椒などにしました。


1泊2日、行きたいところをコンパクトに回れたかなぁと思います。
癒されたし、いろんな体験ができたなぁ。
まだまだ見所はたくさんあるので、また機会があったら行きたいです。

| | コメント (2)

2019/01/01

2019年、あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします^^

2019akane今年も羊毛でイノシシさんを作ってみました。
イノシシっぽいかどうかはさておき…牙も作ったしイノシシなのです!
(結構イノシシ難しい)
そして、いつも通り写真は奇跡の一枚を採用catface

昨年は、4年いた部署から異動になり、新たな分野の知識を学ばないといけなかったり、慣れないことも多くて苦労したり、時間に追われて辛いなぁと思った時もありました。
でも、同僚や上司に助けてもらってなんとかできたなぁと思います。てか周りの人マジでみんないい人crying

今年は4月から2周目になるし、後輩がたくさんいるので、もっとしっかりしたいなぁと思います♪

プライベートでは、昨年に続き、鞄作りとピアノの習い事を楽しみました〜^^
まだまだ作りたい鞄はたくさんあるので、今年も作りますよ♪
形で表現する作業って楽しいなぁ。

ピアノは発表会が無事に終わりました。
相変わらず緊張したし失敗もしたけど、いい音出せたかな、って気持ちの良い瞬間もあり。
今年もストレス解消しつつ新しい曲との出会いを楽しみたいと思います。

音楽といえば、昨年コンサートでハープの音色を聴く機会が多くて、レコ大でもハープ素敵だなと思ったので、ちょっとハープを習えたりしないかなという気持ちがフツフツと出てきました。

あとは、Aimer(エメ)ちゃんのライブにたくさん行けたなぁ。
2月のhiverツアー、6月のARIA STRINGS、8月のファンクラブツアーété、11月のsoleil et pluieツアー。
あ、年に4回も行ってる(笑)
生歌に触れられて、それぞれの感動があって幸せだったなぁ。
今年もチケット取れる限り行ってしまうし記事も書いてしまうと思うので、皆様ご容赦くださいm(_ _)m

後は、お出かけも含めて、旅したいなぁ。まだ行ったことのないところで風景や花の写真を撮りたい。


そうそう、実は婚活をひっそり始めてみたのです。
何人か会ってみたのですが、それは結局ご縁がつながらず(>_<)
まぁまたがんばってみます。


ココログでは、昨年もポチキラやいいね、ありがとうございました。
お返しするのが遅くてゴメンなさい。
これからも細く長く続けていくので、今年もお付き合いいただけたら嬉しいです。

それでは、今年も皆様に幸せがたくさん訪れますようにshine

| | コメント (2)

2018/12/24

近況。

もう一本記事を書いてしまおうと思います♪

あまり遠出の旅ができていないので、この前実家の庭で撮った写真を載せますcatface
これ以上時間が経つと、季節感がずれちゃいそうなので^^;

Dsc05130_2Dsc05109Dsc05103桜の葉なのですが、赤に向かうグラデーションがとても綺麗で、しかも夕日に照らされたら発光して美しくて。つい激写しまくってしまいましたconfident

あと、白いお花は水仙。
白い花びらの中が、光の粒になってキラキラ発光しているように見えて、とても凛として清々しい姿でした。
近づいた時に分かる、上品な甘い香りが好き。
直前に草取りをしたので、ちょっと泥をかけて花びらを汚してしまったのが残念ポイントではある…。

Dsc05147こちらの空の写真は、その日の雲がとても爽やかだったので。

庭で写真撮ってると時間を忘れて、気付くと1時間くらいいて、きちんと防寒してないとすぐ風邪ひくので、マフラーとマスクして着込んで撮りました。ちょっと怪しい人(笑)。


あ、あとですね、11月のAimerさんライブの翌週には小松亮太さんのバンドネオンコンサートに行ったりとか、この前は東京ミネラルショーで石を買ったりとか、いろいろ動いてはいるのです♪

12月になっても、暖かかったのもあるのか、今年はあまりクリスマスや年末感を感じていなかったのですが、いよいよ年末ですね〜。やっぱりあっという間だ。そして、やっぱりいろいろやりきれなかったかな。
まぁまた来年も頑張ろうと思いますー。

| | コメント (0)

大宮氷川神社。

1か月前になりますが、大宮氷川神社に行ったときのことを書きたいと思います。

埼玉に住んでいて名前は知っているものの訪れたことがない神社でした。
「家の近所に氷川神社ってあるしなぁ」って思ったりもして。
きっかけは、大宮ソニックシティでAimerさんのライブがあって、グッズを買った後に開演まで時間ができて、どこか大宮駅周辺でゆっくりできるところないかなぁと思ったことでした。

駅から見てソニックシティとは逆の方角なので、地図アプリを使いながら歩いて行きました。
東と西とで駅前の雰囲気も違う感じがして面白いです。
西側は商業ビルとオフィスが多いイメージで、東側はアーケードとか商店街もあったりして。

10分くらいだったのかな?歩いていくと、大きな鳥居と参道にたどり着きました。

Dsc05089両側が車道。
この日はお天気も良くて、七五三の時期というのもあって、家族連れがたくさんいました。
途中に綺麗に赤く染まったモミジなんかもあって、人が立ち止まったりして見上げていたなぁ。
また、沿道には団子屋さんとか雰囲気のある珈琲屋さんなんかがあって、素敵でした。

Dsc05093本殿の前には立派な楼門があって、中にはケヤキ(多分)の木が植わっていました。
巨木マニア的に気に入りましたcatface

お参りしていたら、すぐ近くのサッカースタジアムで大宮アルディージャの試合だったようで、ゴールしたのか途中で「わーっ」て歓声がすごく聞こえてて、あまり神社でそのような音が聞こえたことがないので、新鮮でした。
厳かな空気感ではなかったけど、活気が出て、嫌な感じじゃなかったな。

Dsc05094敷地内にはいろんな社があったし、心落ち着くような場所もあったりして、とても気に入りました^^
稲荷神社が、社の造りがあまり今まで見たことがない感じというか、なんだか珍しくて独特な感じがしました。

そういえばあと、パワースポットと言われていた神池が、池の水を抜くテレビ番組のおかげで干上がってました^^;
番組を実際見てたので、「あ、あの池だ〜^^」って思ったんですが、やはり綺麗な池にするには時間がかかるのですね〜。

そんな感じで1時間ほど滞在し、参道を戻って帰ってきました。
ちょうど試合が終わったタイミングだったので、オレンジ色の人たちと一緒に歩きました^^
気になっていた団子屋さんは、お客さんが増えてしまったので断念。またいつか。

そんなこんなで16000歩歩いた日になりましたとさ。

| | コメント (0)

2018/12/09

Aimerのホールツアー「soleil et pluie」の感想。(埼玉公演)※詳細追記

11月25日、Aimer(エメ)さんの「Aimer Hall Tour 18/19 "soleil et pluie"」に行ってきました♪

今回は、今までよりも楽しさが多め。もちろん感動もあり。
ただただAimerさんを絶賛する文章が続きますが^^;よければお付き合いください。

※ツアーの途中なので、セットリストや細かい演出については触れず、埼玉だけかなと思うことを書きます。
曲の詳細などは、後で気力があればツアー終了後に追記したいと思いますconfident
もしかしたら忘れるかもだけど…^^;
 →無事に全公演終了したので、手帳に書き留めていた曲の感想を基にレポを追記しました♪公演ごとにセトリは違うようです。(2019/2/3)

Dsc_0816グッズを買いたくて、13時から物販開始なので13時半を目がけて行ってみた。
会場は、埼玉の大宮ソニックシティ。
ちょっと寒いけど、いい天気だ〜sun
青空がスカッとしている。

Dsc_0817Dsc_0823物販入口に、ツアーのポスターが。

Ref:rainの時の、ピンクの傘に囲まれたAimerさん。
ツアー名称の「太陽と雨」にぴったり。

行列ができていて30分くらい並んだ気もするけど、その後列が短くなっていった気もする。特に売り切れてもいなかったかな。
そして、買ったのは、Aimerさん監修のハーブティーとキーホルダー♪
かわいくて実用的なものをと思ってたのに、キーホルダーは衝動買いに近い…(>_<)
あと、1月9日発売の新シングルの予約をした。

その後開演まで時間があるので、大宮を散策。
なんか名所あったかなと調べた結果、大宮氷川神社に行ってみました。けっこう癒されました。
でもこのこと書き始めると脱線が長くなるので割愛します。
※この日16000歩歩いてました(!)。

それで、またソニックシティに戻ってきて入場。ドキドキ。
実はツアー初日の千葉公演でAimerさんが体調を崩されて、声が途中で出なくなってしまい、その後の2公演が延期になってしまったのです。
続きの公演は無事に終えられていたので、回復されたんだなぁと安心はしてたけど、幕が上がる直前までなんだかこっちも緊張していた。
しかも、開演時間を過ぎても、なかなか始まらない感じがして。いつもこんな感じだったかもしれないけど、今回は心配してたので、「始まるかな、大丈夫かな」って思ってしまった。

幕が上がり、Aimerさんが登場してからは、もう安心catface
自分史上では一番前の、1桁台の列だったので、嬉しかった。
お衣装や表情もよく見える♪(白いお衣装に光の色が映えて素敵だった)
バンドの皆さんの手元もよく見えて、カッコよかったshine

はじめの曲は太陽にふさわしい「ONE」。
今までのツアーではしっとりした英語カバーから始まる感じが多かったので、いきなりアップテンポは珍しく。
早速客席を立って、手を挙げてクラップ。楽しい!
何度かライブ見てるのに、Aimerさんは本当にいるんだ!って思った(笑)。

そして2曲めはまたアップテンポなんだけど未発表曲で初見。「ONE」の雰囲気に似てるかな。
たしか手拍子を「パパッパン」って感じで叩く箇所があって、Aimerさんをお手本に頑張った。
曲が終わる頃には手拍子が出てくる位置を覚えた!でももうメロディー思い出せない^^;
4月に出ることが決まったアルバムには入っていることでしょう。楽しみ。

「Believe Be:leave」は私は生で初めて聞いたと思う。
たぶんこの時に、セットの階段を上ってた。
遠くの人にも見えるし、Aimerさんも遠くにまで目を向けておーいって雰囲気で歌ってた気がする。このセットを上手く使ってて、ミュージカル見てるみたいな気分だった。

4曲目はまた未発表曲で、eteの時に聴かせてくれたオリエンタル?な曲。いや、ファンクなのかな?ジャンル分からん。
やっぱり横揺れが似合う。そしてスカートをギュって握り横に揺れながら歌うAimerさんが、なんだか色っぽいという意味で挑発的でした…。なんだあの魔性。

ここで、しっとりした曲ということでお客さん椅子に座る。
「あなたに出会わなければ~夏雪冬花~」で切なくなった後、「今日から思い出」。
これ、涙腺にくるやつ。CDの時点で涙出てたのに、生で聴いたらそれはもう感情揺さぶられてしまう。
心の中に雨が降る…。この曲、ドラムがやたらかっこよかった。
座席が前の方だったのでドラムの方の細かい手元がよく見えて感動した。

この後、ゆるいテンポのクラップでみんなで一体感を感じた「カタオモイ」、「思い出は奇麗で」でまたほっこり明るい雰囲気に。そしてAimerさん退場。

バンドメンバーによるかっこいい演奏があり、後半スタート。
何かが降りてくる音がする。
黒い衣装のAimerさんが現れる。
「Ref:rain」はまさに雨の曲で、雨を表現するように光の筋がしとしとと落ちてくる。さっき降りてきたのは、この照明装置だった。Aimerさんの声と音の雨に打たれ、切なさを感じた。

その次の「眩いばかり」も初めて生で聴けて感激。Coccoさん提供の可愛らしい曲。

そして、激しい雨に浸ってください的な感じで、「花の唄」。照明がすごく良くて、サビのところもゾクッとした。音の少なくなったところにAimerさんの張り詰めた声が響くところが好き。

「Black Bird」も相変わらずロックでかっこいい。この時はたいまつみたいな炎が何本かユラユラして幻想的だった。

たしかここでMC。

次の曲の紹介で噛むことってあまりないのに、珍しく噛む。
噛んで頭抱えてしゃがみこむAimerさんに、会場がほっこりとした笑いに包まれる。
ここで、ちょっと硬かった会場の雰囲気がいい感じにくだけて、変わった。
違う曲の合間だったら良い効果にならなかったかも。神様降りてきてた(^^)

「After Rain -Scarlet ver.-」が始まり、Aimerさんと一緒に左右に手を振りながら、「この曲ホントライブ向きで爽やかだなぁ」と思ってたら、Aimerさんが「大丈夫」の歌詞のところで客席にマイクを向けてきた。
みんなで歌う「大丈夫」、楽しかったなぁ。今でも時々頭の中に流れるんだけど、ホント元気出てくるの。
Aimerさんのライブで声出して歌うの初めてでびっくりしたけど、楽しかったsun

その後「Hz」でも「yes!yes!yes!」ってみんなで歌って楽しかった。Aimerさんと一緒に拳を突き上げて、楽しいけど筋肉痛になるかと思ったcatface
ていうか、Aimerさん華奢なのに、拳を突き上げる仕草がとっても力強くてロックで、かっこよかったshine

そういえば、どっかでコールアンドレスポンスっていうの?もやって、「ラーラ」「ラーラ」「ラララ」「ラララ」みたいなことをした気がするんだけど…あれ?違う時の記憶かな?思い出せないcoldsweats01

本編ラストは「蝶々結び」で、じんわり絆を感じた。


「太陽と雨」のコンセプト通りの選曲、演出、セットで、素敵だったなぁ。セットも凝ってたと思う。
太陽の元気系、雨のしっとり浸る系、どちらの歌も好き。
クラップして楽しかったと思えば、魂の込もった歌に鳥肌が立ったり、涙が出てきたりした。
Aimerさんのこれまでよりも進化させたいという気持ちが伝わるライブだった。
ご本人は歌しかないって言ったけど、そんなことないと思う。
唯一無二の歌声が好きなのはもちろんだけど、MCで自分の言葉で真摯に語る姿も、天然な感じも含めて、チャーミングな方だなぁって思う。


アンコールは、いつも通りツアーTシャツ着て登場。
ツアーグッズのタオルも実物を見せて紹介。
マイク片手に喋りつつ、もう一方の手でタオルを椅子にひいたので、その上に座るのかと思ったら、片手で喋りながらもう一方の手だけでタオルを畳み、脇のテーブルに戻すAimerさん。
器用さときっちり感に、皆からほっこり系の笑いが起きていた^^


あと、いろいろエピソードを列挙します。

「楽しかった人?」で、ほとんどの人が「はーい」って言いながら挙手。
そしたらAimerさん「手がいっぱいー」(棒読み気味)。ちょっと面白い。

「初めての人?」で手を挙げる人少なめ。2回目、3回目…と手を挙げさせるけど、4回目くらいまで聞いても手が全然挙がらず、Aimerさん困惑の上、さっと諦める(笑)

今までのツアーでは埼玉は初日が多かったけど今回は途中で、今までの会場の中で一番声が大きかったと褒められる。嬉しいcatface

埼玉の話題ということでAimerさんは東武動物公園行ったことがあるというのに、皆の反応がビミョーで、ちょっと戸惑う。ごめんなさい(県民として謝る)。
東部の人しかあまり行ってないんだと思う…。ホワイトタイガーとかイルミネーションとか、いろいろ売りはあるはずなんです^^;
戸惑って両手を頭にやって、お猿さん?みたいになりながらキーボードの野間さんの方を向くAimerさん可愛らしい。(ごめんなさい)

会場からの「何か食べた?」の質問に、「食べてない」って答えで会場ざわつく。
たぶん埼玉名物食べてないって意味で言ったっぽい。お客さんは、今日朝から何も食べずにライブで熱唱したイメージが頭の中に浮かんで、ざわついたのだと思う。あの時みんなの頭の中が一致してた気がする(笑)。
それで、Aimerさんは自分から「朝サンドイッチ食べて…」って喋りはじめて、「なんで食生活さらしてるんでしょうsweat01」って我に返る。お客さん笑う。ノリツッコミみたいになってて面白かった。

埼玉のオススメを聞かれて、みんな「うーん…?」って雰囲気になる^^;
でもサッと「十万石まんじゅう」と答えてくれた人が。ナイスなチョイス、ありがとう!って内心思った。
でも、Aimerさんにどこで買えるか聞かれて誰も分からない(笑)。
私は、駅前のそごうのデパ地下にあるかも?って思ったけど、確証がないので声出せず。
Aimerさんが袖のスタッフさんに聞いて、買えそうってなって、無事に話が着地。
ちゃんとその後食べていただいたようで、よかったよかった。

オススメの話、他に「かき氷」って声も。
確かに有名なお店あるし、Aimerさん好きだもんね、って思ってたら、Aimerさん「結構最近涼しいですけどね(笑)」ってクールな反応。冬は食べないのかぁー。

あと、お客さんからの言葉が聞き取れない時に「はーいっ^^」っていうのがこなれたと思う(笑)


アンコールでは野間さんとアコースティックで「ポラリス」を歌ってくれて、素敵だった。名曲〜。
バンドもいいんだけど、音の少ない中で歌うのも、Aimerさんの声が際立って聴けるので好き。

というわけで、歌の素晴らしさと人柄を感じる、楽しいライブでした。
今までライブで聴いたことがない曲も聴けたし。
あぁ、もうまた行きたいって思う…。
残りの公演も無事に完走されることを祈っております^^

振替公演を含めて完走されたとのことで、よかったです♪この旅でさらに進化したAimerさんのパフォーマンスを今後見るのが楽しみです。

| | コメント (2)

2018/11/12

鞄29個目。

鞄と言いつつ、実際に作ったのは小物で、お札入れです♪

Dsc_0792Dsc_0796Dsc_0798



とにかくシンプルを目指したら、こうなりました。

こんな感じかな?って型紙のサイズ決めて、出来上がったら結構カード入れがぴったりだったので、ちょっとヒヤッととした。
もう数mm狭く縫ってたら、カードの入らない謎のポケットが出来上がるところだったsweat01

メタリックなラズベリーピンクとネイビーの革の組み合わせが気に入っています^^
ネイビーの方も、光の当たる角度によってシルバーっぽい光沢が出て、ピンクの方と雰囲気が似ているのです。

これ、様々な組み合わせで遊んだら楽しそう。

今回の革は裏側がとてもスベスベして気持ちいいので、裏地無しでそのまま。
いい感じにできるかは、けっこう革次第だな…。


そうそう、前に作ったハンドバッグとネイビーの革がお揃いになりました^^

| | コメント (2)

2018/10/14

ユーミンの昔の曲を買う。

芸術の秋、音楽の秋…ということで、音楽カテゴリの記事です。

この前テレビのCMを見ていて、ユーミンの過去の曲を配信するというのを知って、探してみたら聴きたかったものがあったので、早速購入しました。

小さい頃、親が結構聴いてたのです。車とか家の中とかで。「シャングリラ」も一回連れて行ってもらったなぁ。

♪雨の街を
 ピアノの前奏、伴奏が心地良いなぁと。寂しげな調べがいい。サビのメロディーと「どこまでも遠いところへ歩いていけそう」の部分が印象的でなんか好き。

♪やさしさに包まれたなら
 魔女の宅急便ですね〜catface。シングルバージョンじゃない方。これは前奏、伴奏のギターが軽やかで好き。小さい頃によく母の自転車の後ろに乗せられてた時にこれを歌ってたな(迷惑な子ども^^;)。「小さい頃は神様がいて」とか「雨上がりの庭でくちなしの香りのやさしさに包まれたなら きっと目に映る全てのことはメッセージ」とか、その辺りの歌詞やメロディーが好き。なんとなく自分なりに神様を信じてたし、ファンタジー寄りな子どもだったな^^;

♪海を見ていた午後
 独特の静寂や時の流れを感じさせる曲。「ソーダ水の中を貨物船が通る」とか、よくこんな歌詞が思い浮かぶなぁ。情景が目に浮かんで、好き。

♪雨のステイション
 これも雨の歌。ゆっくりめのテンポが、雨にぴったりな感じがして。「雨のステイション 会える気がして いくつ人影見送っただろう」ってサビが好き。

♪翳りゆく部屋
 オルガン?とコーラスの荘厳な始まり方がすごく印象的。あと、「輝きは戻らない 私が今死んでも」という部分とか。これを小さい頃、行楽の行き帰りに車の中で聴かされるというねcatface
 いや、この暗いような力強いような曲が、たまらなく好きなのです。

♪中央フリーウェイ
 我が家は旅行の時夜に高速道路を走ることが多かったので、車窓からの景色や自分のウキウキした気分とマッチして、好きだったなぁ。

♪晩夏(ひとりの季節)
 ちょうど今の季節にぴったりで、ゆったりテンポで、刻々と変わる空の色がたくさん出てきて、好きな曲。

♪A HAPPY NEW YEAR
 無性にこの曲が好きなのです。冬らしく静かに、でも愛や願いに満ちていて。シンプルな曲調の中で、心がほっこりする。

♪ダンデライオン〜遅咲きのたんぽぽ
 「いま素敵なレディになる」「とても幸せな寂しさを抱いてこれから歩けない 私はもうあなたなしで」とかのサビが好きだなぁ。なんだか元気が出る曲。

♪ANNIVERSARY
 小学生の時に合格祝いで親戚に貰った電報のメロディーがこれだったんだけど、すごく気に入って。「いつの日か かけがえのない あなたの 同じだけ かけがえのない 私になるの」とかの歌詞も、メロディーも好き。

♪Hello,my friend
 やっぱりサビが好き。(なぜかコメント短い)

♪Weaver of Love〜ORIHIME
 小さい時に子ども向け映画上映会みたいなイベントで映画を見たんだけど、その主題歌で、ユーミンだってわかってたけど曲名も分からなかった。今回調べたらこの曲だとわかったので、買ってしまった。曲調も歌詞も和の雰囲気。他の曲とは違う声を出してると思うんだけど、うまく説明できないけど好きなのです。幼い夏休みの夜をやたら思い出す。

♪最後の嘘
 「本当の嘘をついてよ 君が嫌いになったって」ってところが印象的で。本当の嘘と、本当じゃない嘘があるのかと思って。本当の嘘って所に、”相手の本心かもしれないけど、自分にとっては辛いことだから、本心ではないと信じたい”という気持ちが見えるようで。

♪春よ、来い
 今までダウンロード購入では、みんなと歌ってるバージョンしかなくて。ここ数年、CDを買うかレンタルしようかと、悩んでは忘れ…を繰り返してたんだけど、とうとう買えるようになった!
 小さい頃、正月にこの曲をずっとかけながら書き初めの宿題を書いていたので、自分の集中ソングなのです。テンポなのか何なのか、やたらモノづくりがはかどる。情景が目に浮かぶような歌詞が美しいと思う。


ということで、14曲も買って、アルバム並みの曲数になりました^^;
なんか、無性に鬼束ちひろや宇多田ヒカル、globe、Do As Infinityの昔の曲を聴きたくなることがあるんだけど、無性にユーミン聴きたい時もあるのよね〜。

他の歌手がユーミンをカバーしてるのも好きで、鬼束ちひろの「守ってあげたい」、JUJUの「ANNIVERSARY」、Aimerの「リフレインが叫んでる」、徳永英明の「翳りゆく部屋」、平原綾香の「晩夏(ひとりの季節)」は、オリジナルとは違った良さが気に入って聴いてます。

しかし、1970年代とか自分が生まれる前で、その頃の曲が今も心に響くので、すごいわ〜。
小さい頃にたくさん聴いたので、結構影響受けてると思う。

| | コメント (2)

2018/09/30

少し前に軽井沢に行ってきました。

すっかり秋の空気ですね。自作の秋の歌プレイリストを聴きながら過ごしています。
Aimerさんは秋に似合うバラードが豊富。「白昼夢」「花の唄」「Black Bird」「茜さす」あたりを聴いてます。
Do As Infinityの昔の曲も同じくらいたくさん入っています。「深い森」「恋妃」「Oasis」「永遠」「mellow amber」が、切ない感じで好き。


さて、9月初めくらいに、軽井沢に行ってきました。
(一回台風で延期した旅です)

苔やシダ、キノコの写真を撮ったり、鳥の声を聴きながら緑を眺めたり、温泉に入ったりして、超まったり過ごしました。
なので、写真をわーっと載せますcatface

Dsc04996Dsc05086Dsc05062



Dsc05084Dsc05056Dsc05058



Dsc05017Dsc05065Dsc05074



Dsc05055Dsc05011Dsc05054Dsc05069


天気があまり良くなかったけど、雨に濡れた緑と森の空気が濃くて、雨も悪くないなって思いました。
すごく懐かしい、森の匂いがした。
あと、うまく撮れなかったので写真はないけど、蜘蛛の巣に小さな雨粒が無数についててキラキラ綺麗だったり。

ただ、夜ご飯のために車を運転してたら、強い雨&霧で視界が悪くて、ちょっと怖かったsweat01

ご飯は、家族との思い出のあるお店に何箇所か行って、どこも野菜が特に美味しかった。

心が緩んで、また頑張ろうって思えた旅でした。

ちなみに、私の近況は、ピアノの発表会がとうとう来週に迫っているので、いつになく練習しまくっています。
平日は帰りが遅いので、ほぼ土日しか弾けない^^;

でもなんとか形になってきたので、あとは、本番でなるべく緊張せずに指を動かせるといいなと思います。

| | コメント (2)

2018/09/17

鞄28個目。

久しぶりにハンドメイドの方の記事を。
鞄28個目、この前完成しました。

Dsc04990Dsc04989以前の記事で画策していると言っていた、和風なバッグです。
浴衣が似合うような、でもしっかりとした革のバッグを作ってみたくて。
かごをイメージしています。

パーツが多くて大変だったし、組み立てがパズルみたいだったけど、形になっていく様がとても楽しかった。
組み立て順は先生に相談したので、まだ一人で作ったとは言えない。まだまだだなぁthink

革が紺色なので、浴衣に合わせやすいし落ち着いて上品な印象になりました。
はじめ、次はよりかごっぽく、こげ茶バージョンも作ってみようかと思ってたけど、完成する頃には、この型のままでは二度と同じものは作らなくていいやという気になってきた^^;

内袋は、伝統工芸士さんの染めた手ぬぐい(普通にお店で買ってきた)を使っています。
水色がきれいで、星や花が蝶の模様を作っていて可愛くて、これありきで、枠となる革バッグを作ったという感じです。
かごなら内袋の模様もチラリと見えて可愛いなって。
袋の縫い方も和っぽく。

今度、中の袋を別の素材で作ろうと思っています。

この前、夏が終わってしまう前にと思い、早速お出かけに使ってみました。
内袋の構造は改良の余地があるけど、サイズ感とかはけっこう会心の出来で、楽しい気分でお出かけできました♪

次は、小物系に着手しています。
これから秋、創作意欲が増してきましたcatface

というか、最近仕事でなんだか疲れていたんだけど、お教室に行って新しい作品のデザインを考えたり他の生徒さんと話していたら、だいぶ癒されました。
そういう趣味と場所を持っていてよかったです。これからも大切にしていきたい。

| | コメント (2)

«Aimerのファンクラブツアー「ete」の感想。(Zepp Tokyo)